いつものとうがらし(ウデ)で牛たたきを作る。

いつも美味しいとうがらし(うで)を使って牛肉のたたきを作りました。

極々たまに行くお肉屋さんで買う部位で、店頭に並んでいない時は言えばその場で切り出し?て出してくれるので新鮮、色も鮮やかできれいなお肉です。

100g780円で400gほど購入。前680円だったはずだけども値上がりした模様。。。厳しいなぁ。お正月前だったからかなぁ。。。

気を取り直して作り方はいつも適当

室温に戻した牛肉カタマリの全部の面をしっかりフライパンで焼く。

ちょっと休める

冷やして切りやすくなったら薄切り。お皿に並べる。

食べる(うまい)

です。

全方向しっかり焼いているところ。

一面しっかり焼いて動かす、またしっかり焼いて動かすの繰り返し。

しっかり焼けたところ。なんだかぱんぱん。

いい焼き色ついてますー。

ラップに包んで休ませてみた。これってステーキの休ませ方かなー?

作り方調べると、氷水に入れて冷やしたりしてるけど、それはたぶん火が入り過ぎないようにするためだよね。

このお肉はもすごい立方体の塊だから氷水は要らないかなーと思ってラップしてしばらく放置。

冷めたころに薄めにカット。

一度に食べちゃうのはもったいないので半分は冷蔵庫に。

色味にわさび菜を添えて。。と

はい美味しいーーーー。

わさび醤油でも、ポン酢でも。

めっちゃ赤く見えるけど周りはしっかり焼けてるし、お腹も痛くなっておりませぬ。大丈夫です!(自己責任です!)

これ食べると、しばらく牛肉は要らないなぁと思える。

というか美味しい牛肉はなかなかお高くて買えないから、だったら我慢って感じ。

このお肉はちょっとお値段は張るけれどもたまーーに、たまーーにの贅沢。

2回に分けて、お客人と分けて食べたから一人当たり1食800円・・・・計算してみると(わりと)安い!!。。。かもしれない。

1日目はちょっと大きめに切ってしまったから二日目はちょっと小さめに。

玉ねぎスライスを敷いてみたけど、カツオのタタキとは違ってクセのない牛肉と一緒だと玉ねぎが勝つ感じ。てな趣旨のことをお客人が言ってました。

まあそうかな。

でもポン酢で食べるとサラダみたいで、さっぱり美味しいタタキですー。

今度はいつ食べられるかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です