おつまみにぴったり。福島のご当地メニューいかにんじんを作ってみる

福島の知り合いにちょこちょこご当地メニューを教えてもらう。

そこで おつまみにいいよーとイカにんじんを教えてもらった。

イカとスルメを千切りにしたものを醤油と味醂などの調味料に漬け込んでおく。というもの。

いかにんじんとは、福島県中通り北部の郷土料理である。
スルメとニンジンを細切りにし、醤油、日本酒、みりんなどで味付けする。各家庭で主に晩秋から冬にかけて作られ、おつまみ、おかずとして親しまれている。
「いかにんじん」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2020年1月15日 (日) 22:19 UTC、URL: https://ja.wikipedia.org

だ、そうです。

去年の正月も作って美味しかったので今年のお正月も作ってみた。

というわけで、いつもの如く、適当に作る!

まず、おしょうゆと酒とみりんを一度沸かす。

で、冷ましとく。

その次に、にんじんを。。。大きいなら1本ぐらいかな。

頑張って千切り!

これ、もうちょっと細く切ればよかった!

写真見てると千切りっていうより細めの拍子切りみたい。

次回は気をつけよう。

次はスルメイカを千切り。

硬いのでこちらはハサミでちょきちょきと切ります。

これが硬い。ちょっと手が痛くなりつつ。。。

でっかいスルメの半分ぐらいを切りました。

それと昆布も少しハサミでちょきちょき。

これを一つの袋に入れてさっきの醤油と味醂とお酒を沸かしてさましたものも入れて空気を抜いて縛って冷蔵庫へ。

半日たったくらいからちょこちょこ小鉢に取り出してテーブルに。

はい。完成ーー。

甘み少なめ、スルメの風味があり、にんじんの歯ごたえが良くて凄くウマイ

箸休めっていうか、五目なますと、いか人参でエンドレスでお酒が飲める!かもしれない。

でもやっぱり今回はにんじんがちょっと太めでゴリゴリだったので、もうちょと細く切ることを忘れないようにしよう。。。

お正月は過ぎたけど、スルメまだあるし一度しっかりにんじんを細く切っていか人参作ってみますー。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です