お正月に鱈の子(たらのこ)を煮付けてみた。がんばって爆発回避。

お正月になにか変わった食材を使ってみたいなぁと、お店にいって目についたのが 北海道産タラの子 100gあたり350円 260gで910円ほど。

なかなかのお値段!

このたらのこ、お正月あたりになるとよく鮮魚売り場で見る。

京都に引っ越してきてから気になっていたんだけど、何やらお値段も高く、大物なので今まで避けてた。

お正月用になにかお魚がほしいなぁと思っていたので、魚代わりに買ってみよう!と思ったのでした。

お正月のお魚といえば、家では小さい鯛の塩焼きかぶりの照焼のイメージだなぁ。

で、売り場を見ていると、すでに真っ白に茹でてある鱈の子も売ってるけど、煮付けを作ってみたいなーと思って生のたらの子を買ってみた。

しかし。。。見た目ちょっと。。。迫力あるなぁ。。。

いろいろ調べてみると、この鱈の子。下手に煮付けちゃうと爆発(?)するらしい。

爆発はさけたい。。お店で見たようなそのままの筒状に出来るといいなぁと、調べながら作り始める。

ひとまずそっと、たらのこを水洗い。

つるっつるの手触り。あまりしっかり洗うと破れそうなのでそおっとササッと水で流す。

お鍋にお水、醤油と酒、砂糖を入れて強火で沸かす。煮汁が沸いたら、弱火に。

そこにそっと鱈の子を。。。

鱈の子(たらのこ)を沸騰させた煮汁を弱火にしたところにいれたもの。

煮汁に入れて火がはいるとぱんぱんに。いやー。迫力が増すなぁ。

これは下手するとはじけそうー。

弱火でことこと30分近く煮る。

途中そっとひっくり返したりして煮る。

爆発せずに30分ほどたったので、お鍋から取り出してまな板で切ってみる。

ん・・・?。。。。真ん中ピンクっぽい。。。生・・・かな??

とりあえず全部輪切りにしてもう一度煮汁に戻す。

そこからまたコトコト。

煮付けたたらこ。魚卵て美味しい。

はい煮えましたーーーー。

煮汁が煮詰まってしまったのかちょっと濃くなっちゃったけど、ウマイ。

ちょっと臭みある?ようなきもするけどまあ気にならない程度。

煮付けたたらこを食べるときは二つずつぐらい小皿に出してちびちびと。

これも日本酒にあう。

煮汁ごとタッパーに入れて冷蔵庫で保存。 ちょこちょこ取り出しておつまみにしました。

煮汁に漬け込んであったけど、あんがい味は染み込まない感じで濃くなりすぎず良かったです。。

煮汁だいぶ濃くなっちゃって。。。今度は気をつけよう。

お酒のおつまみでだけではなくて、御飯のおかずにも良い感じです。

わたしはおつまみで食べきって終了しました!

美味しかったですー。

また作ってみたい。けど。ちょっと贅沢品ですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です