お肉を食べたい時、スーパーでブラックアンガスビーフを買ってステーキ。

お肉をがっつり食べたい!

でも焼肉屋さんに行くほどでもない!てか面倒!

みたいな時、程よくお肉気分を満たしてくれる米国産の牛肉肩ロースでステーキを焼く。

ブラックアンガスビーフ アメリカ産 高品質パックに貼ってあるシールには、ブラックアンガスビーフ アメリカ産 高品質 と、書いてある。脂身がすくなくてさっぱりしてるお肉。

100gで250円とお値打ちで買いやすいー。

アメリカ産 ブラックアンガスビーフ 大体1ポンドのお肉。

アメリカ産 ブラックアンガスビーフ 肩ロースステーキ肉。

写真のお肉は100g 250円で420g 1050円でしたー。

1ポンドって454グラムぐらいらしいので1ポンドステーキと言ってよいのでは。。。のサイズ感。

さすがにステーキ食べるときは一人ではなく、いつものお客人と。

焼くときは片面に塩コショウ。フライパンにニンニクスライスと油を入れて温める。塩コショウをした面から焼いて焼きながら反対側にも塩コショウを振る感じ。

スジ切りとかもすればよかったかなーー。

温めたフライパンでニンニクと干しシイタケとステーキを焼く。

温めたフライパンでニンニクと干しシイタケとステーキを焼く。

一緒に焼いてるのは干しシイタケ!食べチョクで買った干しシイタケを水でもどして焼いてる。干しシイタケ、焼いても煮ても美味しい!

しっかり片面を焼いて、ひっくり返してフタをしてもうちょっと焼く。

バターとか入れると美味しいかなーとちょこっと入れてみた。でも食べた時はあんまりわかんなかったかも。

焼きながらステーキ肉はキッチンはさみでカット。干しシイタケは返しながら焼いてお醤油で味付け。

焼きながらステーキ肉はキッチンはさみでカット。干しシイタケは返しながら焼いてお醤油で味付け。

大体焼けてきたら、フライパンの上でキッチンはさみで切っちゃう。

前はまな板に載せて包丁で切ってたけど、熱いしまな板汚れる。はさみで切るほうが楽ちん。

写真見てるとお肉がちょっと赤いけどこの後もはさみで切りながら焼いた。

干しシイタケのほうにはお醤油とかでちょっと味付けして、お肉はそのままお皿に。。。

焼けたステーキは干しシイタケと一緒にお皿に盛り付け。盛ってしまうとステーキと思えない感じが・・・。

焼けたステーキは干しシイタケと一緒にお皿に盛り付け。盛ってしまうとステーキと思えない感じが・・・。

ハイ焼けましたー。

切って盛っちゃうと、ステーキ感ない感じがするけど食べやすさ重視!あとテーブルも小さいし。

ちょっと食べてみると塩コショウが足りなかった感じだったので、お客人に、塩?醤油?わさび?と聞いてみると

お客人

わさび!

とのことだったので、わさびで食べましたー。

お肉は良い感じの焼き加減。

お客人

もうちょっと小さく切ってあるほうが食べやすい

と、いうわがままは聞き流しつつ。

干しシイタケのほうにもうちょっと味付けしたほうがいいかな?今度は気をつけよう。

この日はクスクスのサラダと、お味噌汁と、ステーキとごはんで晩御飯でした!

 


↑使ってるフライパンはティファール 取っ手のとれる フライパン 26cm IH ガス火対応

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。