大量のシソを使うシリーズ しそ餃子を作ってみる

大量のシソを消費するのに色々思案。

その中で思いついたのがしそ餃子!

冷蔵庫にニラが残っていたので、ニラとにんにくと生姜をつかった豚ひき肉の餃子。

しそを使った餃子なら 和風餃子のイメージで鶏ひき肉でもいいかなぁとおもったけど豚で。

餃子の皮はスーパーで売ってる30枚入りのものを。

レシピは色々参考にしつつ、家にある材料で適当に。

にんにくとしょうが、ニラは刻んで。

酒。醤油。塩。ごま油を豚ひき肉の入ったボウルに入れて混ぜる。

種ができたら 包み始める。

餃子の皮にニラをのせてそこにたね乗せて、ちょっと縁に水つけてぱたっと折って終わり。

結構大葉がはみ出しちゃうから、ひだはつくれないので手抜きにしときます。

せっせとつくって種が切れたので終わり。30枚入りの餃子の皮のうち10枚ほどのこってしまった。。

まあまたなにかに利用しよう。。

餃子を包んで(?)から焼くまで間があったので、おく場所もないしレンジの中に置く。

気温も段々温かくなってきたしちょっと怖いので冷凍庫の大きな保冷剤を一緒にいれて、レンジのドアをしめといた。

簡易冷蔵庫。あとでドアあけたらレンジの中がすごいニンニクニラ臭かったー。しょうがなーい。

で、餃子を焼く。

フライパンを温めて、油を敷いて 餃子を並べる。

ちょっと焼いて、お湯を入れる。

このごろフライパンが焦げ付きがち。ちょっと困る。

変えるべきかなぁ。ほぼ毎日使っているからか、2年くらいでだめになるような・・・。

ちょっと考えよう・・・。

てな感じで、

焼けましたーーーーーー。

野菜少な目の肉肉しい餡にシソのしっかり餃子。

閉じるところにシソがあってしっかり閉じていないのと、ちょっと焦げ付いたのもあって、食べるときに中身がコロンとでてきたりも・・・。

もうちょっとしっかり閉じなきゃなぁ。

でもまあ、さっぱり目で美味しい餃子が出来たー。

ポン酢にちょこっとつけるとまたいい感じ。

次回に行いたい改善点

餡を包むときに、餃子の皮をもうちょっとしっかり閉じるようにすること

もう少し野菜多め

て、感じでしたー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です