ニンニクたっぷりラタトゥイユを作る。夏野菜を里の駅大原で買う。

夏は美味しいトマトを求めてあちらこちらに行きます。

トマトといえば、Fujita 丹波直送京野菜の店さんに行くといつも美味しいトマトや野菜を買えるのでちょこちょこ行くのですが、今回は大原の 里の駅 大原さんまで行ってきました。

到着したのが2時過ぎたので野菜が残ってるか心配だったのだけど、大丈夫だった!

トマトやキュウリ、シソなど、他のお野菜もたくさんー。パプリカもある!

トマトもいろんな種類があって加工用のトマトと、サラダ用にと中型トマトをカゴへ。もちろんパプリカも大きなものが3つも入って200円はお安いー。

はちくが並んでいて、これは食べるもの・・?それともなにかクラフトに使うもの・・・?としばらく悩んで一緒に行った人がネットで調べるとたけのこより手軽に煮えて美味しいらしいとのことで試しに買ってみよう!とカゴへ。

トマト・キュウリ・パプリカ・青しそ(たっぷり入って100円お安い!)・梅干・はちくなどなど、2,000円ほど購入!

ほくほくと帰ってきたのでした。

で、次の日にラタトゥイユを!

トマト ナス ズッキーニ パプリカ 玉ねぎ

ラタトイユに使ったお野菜。トマト・ナス・ズッキーニ・玉ねぎ・パプリカ

 

(てきとう)ラタトゥイユ材料

  • トマト たっぷり
  • 玉ねぎ たっぷり
  • ズッキーニ 高いから1本だけ
  • ナス 大袋で買ったから4個
  • 万願寺とうがらし 3本
  • パプリカ 2個
  • キュウリとか入れるのもアリ
  • ニンニク 3かけら
  • 塩コショウ
  • コンソメ
  • ケチャップ すこし
  • オリーブオイル たっぷり
  • 乾燥バジルなどのスパイス

 

とっても簡単な流れ

  • 材料を切る
  • 大きなお鍋で炒める
  • 味付け
  • 蓋して煮る
  • 味を調える
  • 完成!

少しちゃんと(?)した作り方を!

家にあったズッキーニとナス・万願寺とうがらしを追加してトマトとパプリカ、玉ねぎを準備。

大きなお鍋を温めて、そこにオリーブオイルと刻んだニンニクを3かけらぐらい、たっぷり。

以前読んだレシピだと炒める順番とかいろいろあった気がするけど、ここはいつものごとく適当に!

ニンニクの香りがたってきたところで、大きめに切った玉ねぎを入れてわさわさと炒める。 場所がないので切りながら、ほうり込んで炒めながら・・・ズッキーニ、つぎにナス。その次にパプリカと万願寺。最後にトマト!

先日、ディーンアンドデルーカでラタトゥイユを食べたら、優しいお味で、物足りない・・?て感じだったんだけど野菜がしっかりグリルしてある感じで風味があって美味しかった!

野菜をそれぞれきちんと焼き目がつけられてる感じ。美味しさはアップするとは思うけど一口コンロでは厳しいのでうちではその辺は割愛!

圧力鍋で野菜をたっぷり炒めてラタトイユ

大きなお鍋でラタトイユ。夏だからこその贅沢!

塩コショウをして、また炒める。水は入れなくてもトマトや他の野菜から水分が出るからそのまま。

しっかり炒めると野菜の水分がオリーブオイルと混ざってとろっとしてくる感じ。

乾燥バジルやコンソメ、少しケチャップも入れて蓋をしてしばらく煮込む。圧力はかけずにタイマーかけて15分くらいかな。

で、てきとうラタトゥイユ完成!!少し味見をして塩を追加!

完成!ラタトイユ。すっごくおいしい。毎日でも食べられる!

野菜の旨味たっぷりの夏のラタトゥイユができます。他にも少しカレー粉をいれたり、唐辛子なども入れても良いと思います。

出来れば黒コショウをガリガリ挽いてたっぷりいれたい。(切らしていて粉のコショウでした・・)

しっかり冷めたら冷蔵庫で保存します。

数日は幸せが続きます!(大体3日ぐらいで完食)冷たいまま食べても美味しいし、トマトを追加してレンジでチンしても美味しい。もちろんチーズをかけて温めるのもあり。

トマトの皮をむいてないので口に残ったりしますけれど、気にしません。美味しい。

気にされる方は湯むきしてから使われるほうが良いかもです。少し手をかけると美味しさもアップすると思いますー。

ラタトゥイユ

ラタトゥイユにはキュウリとかも入れたりします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です