ひとり暮らしの料理 IHコンロで安全で便利。

お料理好き。

上手ってわけじゃないけれど、子供の頃からずーっとお菓子作りやら料理やらいろいろしてます。

よくテレビで料理が嫌い。や面倒くさいなどの言葉を見るとなんでだろー?と思うぐらい。

だんだん面倒になっていくのかなあと思っていたけれどももう20年以上料理をしていても飽きないのでたぶん料理嫌いにはならないんだろうなぁ。

料理することがストレス発散になるぐらい。体調が悪くても、料理をして気晴らしをするぐらい。

そんな自分が住んだ場所はワンルームでキッチンは一口コンロを置ける小さなスペースと小さな流し。

食材を切る場所もないから、流しを渡す板?にまな板を置いてそこで切るしかない感じ。

2ドアの冷蔵庫とその上にオーブンレンジを置いて、一口コンロはガスではなくIH。


↓私が使ってるのはこちらのパナソニックのIH調理器です。

コンセントなのでお茶碗洗うときなどは、コンセントを抜いて床に置きます。空いたスペースに洗い物を置けたりするので便利ですー。
三年ほど、ほぼ毎日つかってますが壊れず!丈夫!

住んでる人

鍋とかするときはテーブルに持っていって使ってます。


ガスコンロにしなかったのはかなり正解かも。

狭い場所だから、すぐ横で食材をきったりいろいろ作業をすることになる。

火だったら燃え移っちゃうかも・・・てくらい近いところで作業をしていても(いちおう)IHなら安全。

もちろん熱くなってるなべやフライパンは危ないけれども。。

一口コンロでの料理は初めて。

何をするにもパズルのように頭で組み立てながら作業を進めなければダメ。

ひとり暮らしの台所に巨大なキャベツ

ロールキャベツが作りたいと思ってキャベツを買ってみたら大きすぎ。というか流し小さすぎ。

それでも、ご飯を炊いてると何も出来なくなるし、先に作ったお味噌汁は冷めちゃう。IHとオーブンを同時に使うとブレーカーが飛ぶなんてことも・・・。

切った食材を入れたボウルの置き場所に困ってレンジのふたを開けた場所に置いてみたり、ふたを閉じた洗濯機の上に置いたり。

いやー。苦労するーーー。

今までずべていい状態でテーブルに出すってことを考えながらやってきたけど、一口コンロになってからは徐々にお料理ができていくスタイルに。。。

とはいえ、ひとりでご飯の場合はメイン・サラダ・ご飯 ぐらいのものだけど、お客さんがきたりすると

●野菜系(例lサラダ・おひたし・スティック野菜)
●小鉢系(例l冷奴・温奴・枝豆・鶏ハム、焼豚などの作り置き)
●メイン(例l唐揚げ・天ぷら・炒めもの)
●ごはん・お味噌汁
●食後のコーヒーお茶

などを食べてる途中で台所行ったり、料理したり戻ってまた食べたりと立ったり座ったりしながらご飯でまあ落ち着かない。

おかげで、たまに3口コンロの実家の台所で料理をするとすごーく楽ちん。

なーんにも考えなくても料理できる感じが、なんか修業を終えてすごく強くなった感がある(別に強くなってないけど・・・・)

全部の食材を切っても置く場所もある!

味噌汁もご飯も、揚げ物も、焼き魚も、全部同時でできちゃう!

実家もIHだけど、ブレーカーが飛ぶなんてことはない!(流石にオーブン同時は危ない)

ひとり暮らしは楽しいけれども台所はもう少し大きくてもよかったかなぁと思うところです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です