宝ヶ池で散歩したりお弁当広げたり亀さん見たり

宝ヶ池は

MEMO
宝が池公園(たからがいけこうえん)は、京都府京都市左京区にある公園。園域は宝が池を中心に国立京都国際会館、グランドプリンスホテル京都に隣接する。

(「宝ヶ池」『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』。2019年1月27日 (日) 21:24 UTC)

だそうです。国立国際会館の建物はとっても立派、かつ、不思議なデザインだなーとおもいます。

昭和41年にたてられた建物だそう。

宝ヶ池には車で行きます。有料の駐車場はあるのですが、結構止まっている車も多くて、満車ぎりぎりで ”わーちょうど空いたー。” な感じで停められることも。

満車で停車できず諦めて帰ったこともあります。駐車場をぐるーっとまわって、ざんねーんで帰ります。そのあとはちょっと足を伸ばして園芸店に行くことも・・・。

2018年10月の宝ヶ池の駐車料金。1時間半ぐらいはお散歩するから300円かな。

宝ヶ池に行くときは、お昼を食べに行く感じでお弁当にサンドイッチを作ったり、途中で買ったりして向かうことが多いです。

大体右回りでスタートして、いくつか椅子とテーブルがある休憩ポイントがあるので他に人がいない場所を見つけてお弁当を広げたり。

お弁当を広げる第一ポイント付近で野生の鹿をときどき見かけます。

最初の休憩ポイントの前。鳥さんの日向ぼっこ。

よく見ると三羽とも同じポーズで日向ぼっこ。

パンの耳とかあげてるひともいますけれども、(えさはやっちゃダメって書いてあるんだけども・・・。)鹿は大きいしちょっとこわいので遠巻きに眺めて通り過ぎるます。

奈良の鹿よりちょっと野性味を感じるところがコワイ。

鹿や水辺の鳥などを横目に緑が多く綺麗な遊歩道をてくてく歩きます。ホントに宝ヶ池はとっても落ち着く場所で、歩いて身体を動かせるし気分転換もできてスバラシイ。

最初見たとき、普通に あ。ボートレース場がある。と思った私です。手前に見えてるのは足こぎボートだけど。

ランニングしているひとや、お散歩してるひとたち、近くの幼稚園児?たちが団体で歩いていたり本当にのどかな場所。

池の周りはちょっとした山に囲まれて、もうホントに大自然。京都市内とは思えない感じ。

唯一 国立京都国際会館のほうが抜けていて比叡山まで見える景色が広がっています。ウツクシイです。けれども、前が水だし、なんとなくボートレース場の建物っぽく見えたり見えなかったり・・・。

かめかめといっておきながら、探したけれども亀の写真がなかった・・・。今度とってこよ。

といいつつも、個人的に宝ヶ池の醍醐味は 亀だとおもいます。ひなたで甲羅干しをしてる亀さんや、すいーすいーと泳いでくる亀さん。

池を覗いてると、何かもらえると思うのか遠くからすいーすいーと進んできます。けども何もあげるものがなくて申し訳なーい気持ちになりますが、かわいいので眺めます。

鳥もかわいいし綺麗だし、鯉の存在感も大きいのですが やはり亀さんです。

最近知ったのですが、いつも歩いているメインの道から違うルートの先に平安騎馬隊のお馬さんが居るらしいです。今度見に行こうと思います!

結構宝ヶ池の目的が動物だったりするなぁと思いました。。。

足こぎボートと手漕ぎボート乗り場があって、すごく気になるのでそちらも一度行ってみたい。。。

宝ヶ池、一周のんびりあるくにも程よい距離で(走ってる人とかは何周もしていますが・・・)とってもおススメです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です